舛添氏、「谷垣降ろし」発言、問題ない=自民参院幹事長は自制求める(時事通信)

 自民党の谷川秀善参院幹事長は3日午前、国会内で舛添要一前厚生労働相と会い、舛添氏が1日の講演で谷垣禎一総裁の辞任に言及したことについて「発言には注意した方がいい」と自制を求めた。これに対し、舛添氏は「(自民党支持率が上がらないような)状況が続けば、党にとって非常に危険だ。不満を持つ人が出てくるだろうと申し上げただけだ」と説明、問題はないとの認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
〔特集〕現役キャリア官僚逮捕! 障害者割引郵便不正事件
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

<鳩山首相>朝鮮学校の除外は未定 高校無償化で(毎日新聞)
再起訴19回で異例の引き延ばし、時効が成立(読売新聞)
<北教組事件>小林氏進退は道連に一任 小沢氏(毎日新聞)
小沢氏の自発的決断を期待 前原国交相(産経新聞)
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加(医療介護CBニュース)
[PR]
by rmkquu6xcz | 2010-03-06 14:14