交錯する理解と批判…与謝野ショック、自民揺さぶる(産経新聞)

 自民党の与謝野馨元財務相らが執行部の一新を求めている問題をめぐり、与謝野氏の論文を掲載した月刊誌「文芸春秋」が10日に発売されたことで、党内の動揺は一段と強まった。執行部でも、与謝野氏への批判と理解が交錯しており、早期に事態収拾が図れる状況ではない。

 「このままでいくと日本はダメになる。自民党も、一度出直しをするぐらいのアクションを起こさないと変わっていけない」

 与謝野氏は10日昼、党本部で開いた勉強会「正しいことを考え実行する会」の会合で、16人の出席者を前に、「新党結成へ腹はくくった」との決意を示した論文の真意を説明した。

 出席者からは「谷垣禎一総裁は若手中心の執行部に交代することだ」「執行部が総退陣できないなら、行動を起こすしかないんじゃないか」などと、執行部一新を求める声が続出。与謝野氏も終了後、記者団に、具体的な行動を求める声が会合で出たことに言及し、「その通りだ」と答えた。

 一方、執行部では、与謝野氏の言動に対する足並みが乱れている。

 勉強会の直後に開かれた総務会では、谷垣氏が「執行部への批判が届いているが、一層強いリーダーシップを発揮してがんばりたい。ここは一致結束のときだ」と呼びかけた。

 田野瀬良太郎総務会長も記者会見で、「内紛状態とみられる与謝野氏を代表する言動は、自民党支持者に不安を与える」と牽制(けんせい)した。

 しかし、石破茂政調会長は記者会見で、「執行部が『後ろから鉄砲を撃つな』という言葉で片づけるのは決していいことではない」と与謝野氏の動きに一定の理解を示した。そのうえで、「執行部全体でよく反省しなければいけない点があるし、真摯(しんし)に受け止めなければならない」と述べ、谷垣氏が早期に与謝野氏と会談するよう求めた。

【関連記事】
【鳩山政権考】自民党に政局の兆し
小沢氏ショック! 内閣支持率下落が止まらない!戦略裏目
自民・伊吹氏、「谷垣降ろし」発言に自制求める
与謝野氏の目的は政権交代 園田氏が自民幹事長に説明
自民・中川氏「支持率、顔より政策」 与謝野氏とは一線
やにわに活気づく自民勉強会、党再生は後回し?
20年後、日本はありますか?

事業仕分け 第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>愛子さま通学問題気遣う(毎日新聞)
「男は走りながらこちらを見た」 再現される凶行の様子(産経新聞)
<サクラ並木>春の陽気…名古屋で満開(毎日新聞)
<文京区長育休>ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」(毎日新聞)
[PR]
by rmkquu6xcz | 2010-03-17 05:47