哨戒艦事件 首相「日本なら冷静でいられなかった」 韓国政府が発表後、訂正し謝罪(産経新聞)

 韓国・済州島で30日行われた日中韓首脳会談で、北朝鮮による韓国哨戒艦沈没事件に関する鳩山由紀夫首相の発言をめぐって、韓国政府が日本政府に謝罪する出来事があった。

 問題となったのは、韓国大統領府の首席報道官による会談後の記者ブリーフィング。それによると、鳩山首相は会談で「もし日本が同じ方式の攻撃を受けたあとすれば、韓国のように冷静で沈着な態度を維持するのが容易でなかっただろう」と発言。首席報道官はこの発言を「(この場合、日本は)自衛権発動が避けられなかったという趣旨」と解説した。

 一方、日本側は「このような発言はなかった」と事実関係を全面否定。韓国大統領府が首席報道官の発言を訂正したとした上で、「韓国政府から日本政府に『申し訳ない』との謝罪があった」と説明した。

【関連記事】
平壌で米韓非難集会 市民10万人、今後全国で
日韓・日中韓首脳会談 沈没事件で足並みそろえる
鳩山首相「心から韓国を支援」 李大統領に支持表明
「韓国与党に投票するな」北朝鮮団体が呼び掛け
鳩山首相、幸夫人と手つなぎ訪韓
iPadが上陸

口蹄疫猛威 子牛高騰、感染に戦々恐々 「ひとごとでない」秋川牛(産経新聞)
3歳長男に暴行、20歳母逮捕=夫が昨年から相談―静岡県警(時事通信)
強姦罪の被告、三度目の時効2日前に起訴(産経新聞)
辻元国交副大臣が辞意伝達 国交相31日受理へ(産経新聞)
「それが団体の見解だ」あくまで傷害の認識を否認するベスーン被告にいらだつ検察官 SS元船長第3回公判(産経新聞)
[PR]
by rmkquu6xcz | 2010-06-04 02:39